腰痛コルセットの正しい使い方

2018年04月17日

こんにちは!

 

八幡西区にあります、やわらぎ整骨院本城院 院長の堀です。

 

前回書いたブログの通り今回は腰痛の時に使われるコルセットについて少しお話をします。

 

先日のギックリ腰で痛みにより思うように動けないところ コルセットにかなり助けてもらいました!

 

これまでにギックリ腰やヘルニア、慢性の腰痛に悩まされている方は 1度はコルセットを使ってみたりしたことがあるのではないですか?

 

当院でもコルセットやサポーターを取り扱っているのですが

年々新しいものが出たりして、かなりの種類になっています!

 

コルセットには医療用のものもあり病院や整骨院に置いてありますが

ドラッグストアなどでも手軽に買うことができます。

 

しかし種類も豊富なため自分のこの痛みにはどれが最適か?

みなさん悩んでいるようですね。

 

確かに用途にあったものを使わないと意味がないですね。

 

コルセットの最大のメリットは 付けることにより動ける範囲が拡がるということです!

 

少し前までは腰痛を発症した際は完全安静が一番!

といった感じでしたが、

いまの研究では安静にすることにより腰痛の改善や仕事復帰など

遅らせる要因であることも報告されています。

 

そこで活躍するのがコルセット!

 

適度に患部を安静にでき痛みで動けなかった体も 動かしやすく補助してくれます!

 

最近ではコルセットに依存してしまい

家から出るときにはコルセットがないとダメなんだよね〜って方も多いです。

 

これは完全にNGですね!

 

あくまでも必要最低限で使うことをオススメします!

 

急に痛みが出てしまった際や、中腰姿勢で作業が続くとき

重たいものを繰り返し持つときに腰に安定感をもたせたい方など適切に使いましょう!

 

最終的にはコルセットが必要ない体作りをすることが大切です!

 

お腹周りの腹横筋というインナーマッスル鍛え

自前のコルセットを作り上げましょう!

オススメのトレーニングは『ドローイン』というものです!

ネットで検索したらいっぱい載っているので是非試してくださいね!

 

今度やわらぎ整骨院のブログでも紹介したいと思います!

 

 

最後に一番重要かもしれませんが

正しい位置でコルセットをつけていますか?

この位置も間違えば思うように効果が発揮されないこともあるでしょう。

よく見かけるのが腰よりも上に付けてしまいお腹周りを締めている方がいます。

目安としては下の画像のように

骨盤の上端『腸骨稜』を中心に包み込むように締めましょう!

これでしっかり安定感が増し効果が得られます!

 

最初に書いたように

コルセットは簡単に買うことができますが種類が多く選ぶのに悩むとおもいます。

まずは体の状態を見極め本当にコルセットが必要なのか、

どれが自分には合っているのかを判断しないとダメですね!

 

長年の腰痛に悩まされている方は

やわらぎ整骨院本城院の根本改善プログラムでスッキリ解消しましょう!