腕のシビレの原因とは?

2018年07月19日

こんにちは

北九州市 八幡西区にあります

やわらぎ整骨院本城院の永山です

 

腕が痺れて動かしづらい

首から腕が重い

などの症状はないですか?

前回は肩が上がらない原因の話しでしたが、今回は肩から腕にかけて痛みやシビレが起こる原因の事を書いていきます。

筋肉を痛めたりして一時的にシビレや痛みが起こる場合もありますが他にも

胸郭出口症候群というものもあります。

 

胸郭出口症候群とは

筋肉が血管と神経を圧迫して起こる病気です。

元々首・肩・鎖骨回りは血管と神経が圧迫されやすい部分があります。

 

主に鎖骨回りの腕神経叢(わんしんけいそう)という神経の束が血管と共に圧迫され全体のだるさがでたり、普段の動きがしづらくなったりします。

 

 

原因

ストレス、姿勢が悪かったり、椎間板の老化などがあり

なで肩など骨格的な問題が原因になっていることも、、

治療法は軽い症状ではいい姿勢をして行く事や、筋肉を緩めて行く事で治っていく方法があります。

ただし腕のシビレやだるさが強い場合は、病院にいき薬や注射などの治療が必要になります。

 

 

セルフチェックの方法

今日は自分でできる簡単な方法1つを紹介します。

両手を挙げる動作(肩関節を90度 肘関節を90度)

これを約3分間挙げたままでシビレがでたり症状が悪くなる場合は陽性となります。

 

 

 

 

改善方法

姿勢を良くしたり、筋肉を緩めたりも大事ですが、もう一つ大事なものは

自律神経が低下している場合は姿勢を良くしたり筋肉を緩めても

自律神経神経が乱れていると改善しない場合もあります。

 

 

ストレッチ

原因となる筋肉

斜角筋を伸ばすストレッチ

左側を伸ばす場合は右手で頭を右斜め前に倒していきます。

次に真横に倒していきます。

2つ共左右同じ様にやっていきます。

これを一日1分間かけてゆっくりやりましょう!

胸の筋肉

小胸筋を伸ばすストレッチ

壁に対して横向きに立ち胸の高さくらいの所に肘が来るように壁につきます。

肘を壁に固定したまま体をゆっくり前方へ突き出します。

この二つのストレッチは胸郭出口症候群だけではなく肩の張りが強い人も効果があるので気になる方はやってみて下さい!

 

また胸郭出口症候群かな?と思った方は

やわらぎ整骨院本城院でも姿勢を整えていくメニュー

根本改善プログラム という物もあるので詳しくは青いリンクから見ることができます!

 

 



“独自の骨盤矯正”で肩こり・腰痛・姿勢を改善!!

2018年07月10日

北九州市、八幡西区にあります

やわらぎ整骨院本城院 院長の堀です。

 

今回はいつも問い合わせを多く頂いている骨盤矯正についてお伝えします。

 

 

こんな事でお悩みではないですか?

・年々腰痛が悪化してきている

・慢性的な肩こりで頭も痛い

・毎日足のむくみでパンパンになる

・夏場でも冷え性が気になる

・なかなか痩せれない体型になってきた

・ぽっこりお腹やお尻が垂れて気になる

 

このようなことでお悩みなら、やわらぎ整骨院本城院の骨盤矯正で改善できます!

 

美と健康のゴールデンライン

みなさんよく自分の姿勢を気にされている方が多いとは思いますが、

姿勢が良いとは細かくみていくとどんな事を示しますか?

 

小さい頃から背筋を伸ばしてとよく言われたり

接客業だから胸を張って椅子に座るよう意識したり

イメージとして意識することは多いとは思いますが、

本当にその意識は合っていますか?

 

体には重力線というものがあります。

 

このように体を横から見たとき

【首・肩・骨盤・膝・足首】が一直線に繋がるラインのことです。

 

このラインがバランスよく整っていることを

『正しい姿勢』といえるでしょう。

 

これがまさに美と健康のゴールデンラインです!

 

 

骨盤 体の歪みの原因は?

なぜ体がここまで歪んでしまったのか?

 

その原因の一つとして

筋バランスの乱れが考えられます。

 

仕事や運動、趣味などで繰り返し偏った動作を行なっていると

よく使う筋肉ばかり発達し、使わない筋肉は弱ってしまいます。

 

このような原因で

硬くこわばった筋肉に骨格が引っ張られ

背筋、骨盤の歪みが生じてしまっている方は多いでしょう。

 

 

これが やわらぎ整骨院本城院の骨盤矯正!

まずはご自身の体でどこの筋バランスが乱れ原因となっているのかを

チェックしていきます。

 

このように様々な歪みタイプがあり、それぞれに特徴的な

筋肉の硬さや緩みがあります。

 

痛み刺激の少ないソフトな手技とストレッチを組み合わせながら

ゆっくりと筋肉をほぐし

重力線の中心である骨盤を矯正していきます。

 

重力の中心である骨盤を整えることで

理想の姿勢と健康を手にできることになります!

 

 

 

寝ながらトレーニングで持続力アップ!

やわらぎ整骨院本城院の骨盤矯正は

単なる骨盤矯正では終わりません!

 

骨盤矯正を行なった後

 

EMSという電気刺激を骨盤を支える筋肉へと流し形状記憶させていきます!

骨盤矯正とEMS、この二つの組み合わせで1回の効果がアップし

持続力が増すため根本改善へと繋がります!

 

電気刺激といって心地よく揉まれているような感覚ですので

安心して受けていただけますよ!

 

 

様々な不調でお悩みの方、

産後でなかなか元の体型に戻らないなど

お気軽に相談ください(^ ^)

 

 

交通事故治療のトラブル

2018年07月3日

みなさんこんにちは、

八幡西区にあります、やわらぎ整骨院本城院の内川です!

 

今日は交通事故についてよくある相談の中から、皆さんに絶対に!知っておいて欲しいことについて書こうと思います。

 

 

 

それは、整形外科からの転院・併院について。

 

『事故直後から整形外科に通っているけど電気治療と湿布・飲み薬だけでなかなか良くならないのでこの痛みをどうにかして欲しい。』

また、

『整形外科に通っているけど、仕事が終わってからじゃ病院の診察時間に間に合わない。』

そう言われてご相談に来られる患者様はとても多いです。

 

 

もちろん、整骨院でも交通事故治療は取扱える為、整形外科からの転院や併院も認められていますし、実際に現在通われている患者様もみなさん整形外科から転院して来られた方や併院してらっしゃる方ばかりです。

 

交通事故での怪我(むち打ち等)は、衝突などによる急な外力で筋肉や関節を痛め筋肉が緊張しているケースが多く、電気治療だけでなく手技による治療が効果的です。

 

やわらぎ整骨院本城院の交通事故治療では、整形外科と同様に電気治療も行いますが、同時にお一人ずつの症状に合わせた手技療法も行いますので、『なかなか変化が見られなくてずっと辛かった痛みがやわらぎ整骨院本城院に通い出して楽になった』とおっしゃって頂ける患者様を見ると本当に良かったな〜と思います(^^)

 

 

 

しかし、初めて来られる患者様の中には、

『整骨院に通いたいけど、保険会社の担当者や通っている整形外科の先生から整骨院との併院を認めて貰えないのですが、どうしたらいいですか?』

と言って事故後数週間から数ヶ月経ってご相談に来られる方もいらっしゃいます。

 

実際にこのようにご相談して頂ける患者様には、直接ご説明やアドバイスをさせて頂き、安心して治療を任せて頂けるのですが、初めての交通事故で不安な方等は『整骨院への転院・併院は出来ない』と言われると整骨院での治療を諦めてしまう方も恐らくいらっしゃると思います(>_<)

 

では、このように整骨院での交通事故治療を認めて貰えない場合は諦めるしかないのか?

 

 

その答えはNOです!!

 

 

先程も書いたように、整骨院でも交通事故の治療は認められていますし、整形外科からの転院や併院も認められています。

 

本来ならば、どこで交通事故の治療を受けるかは被害者である患者様ご自身が選択出来るのです。

 

むち打ち等、交通事故での怪我は時間が経ってから症状が出てきたり、長引いてしまうことが多いです。

 

後遺症を残さない為にも、早期からちゃんと継続した治療を受ける事が大切なので、患者様の状態や通いやすい病院・整骨院をご自身で選ぶ事が大切です。

 

 

やわらぎ整骨院本城院には、交通事故での患者様がたくさん通っていらっしゃいます。

 

その症例数の多さから、交通事故治療に関する様々なご相談にも分かりやすく説明とアドバイスさせて頂きます!

 

診察時間も交通事故の患者様は21時まで受付可能なので、仕事が終わってからでも安心して通って頂くことが出来ます!

 

交通事故治療ならやわらぎ整骨院本城院にお任せ下さい👍

 

みなさんが少しでも早く元気な身体に戻れるように、しっかりサポート致します!!

 

 

肩の上がらない原因とは

2018年06月22日

こんにちは

八幡西区本城にあります、やわらぎ整骨院本城院の永山です。

蒸し暑い日が最近は多く体調を崩されてないですか?

エアコンの入れすぎも注意しましょう!

最近肩が上がらない、動かしづらいと言われる患者様が多く来院されています。

こう聞いて一番に思いつくものは四十肩、五十肩だと思います。

四十肩だろうと思い込んで実は他の事が原因だったという事がないように

前に四十肩・五十肩はかいていますが今回はそれ以外に肩が動かしづらくなる原因をかいていきます。

まず四十肩を簡単に説明すると50歳40歳に好発し原因がなく肩に激痛が出て1年くらいで自然に治るものです。

他に考えられるものは

石灰沈着性腱板炎

・腱板断裂・損傷

・歪みからのもの

などが多いです。

石灰沈着性腱板炎とは

40~50歳の女性に多く腱板(肩を固定している筋肉)の中にリン酸カルシウム結晶という物質が溜まり炎症が起こる肩の痛みです。

症状は四十肩ににていて肩の動かしづらさ夜に痛みが出るのが特徴で、レントゲンを撮り診断されます。

治療法としては肩に注射を打ち肩に溜まった石灰を取り除く方法があります。

腱板断裂・損傷

40歳くらいの男性の右肩に多く好発し、運動痛、夜間痛があります。

元々腱板は骨と骨に挟まれていて肩の使いすぎ、老化によって痛めてしまいます。

四十肩と違うのは関節の動きは硬くなりにくい所です。

断裂してしまった場合は自然には元に戻りませんが、安静、注射、腱板のトレーニングなどをすることにより痛みは軽減します。

歪みと硬さによるもの

肩を外側に上げて行く時に働く主な筋肉は三角筋と棘上筋という筋肉ですが

その棘上筋が上腕骨骨頭を関節の皿に引きつけ固定する事で三角筋が働いて外側に肩が挙げられるのですがこのバランスが崩れていると腕が上げづらい状態になってしまいます。

この作用の事をフォースカップル機構といいます。

後は肩を上げる時は腕だけが動いているわけでわなく、肩甲骨も一緒に動いているのですがその肩甲骨の動きが悪くなっても肩は上げづらくなります。

またまだ肩が動きづらくなる原因はあるのでそちらも今後紹介していきます!

やわらぎ整骨院本城院では肩のバランスもそうですが

全体的なバランスを見て行く根本改善プログラム というメニューをおすすめしています!

気になる方は是非ご連絡下さい!

梅雨時の頭痛

2018年05月30日

こんにちは!

八幡西区本城にあります、やわらぎ整骨院本城院の内川です!

 

ついに九州北部も梅雨入りしましたね~。

ジメジメ、ベタベタして気分も下がります(*_*)

 

この時期、身体が重たくなったり、不快感など、なんとなく体の調子が悪いと言われる方が増えます。

かくいう私も日頃から雨の日の頭痛に悩まされているので、特に梅雨は毎日憂鬱で早く梅雨終わってくれ~という気持ちでいっぱいです(>_<)

 

当院に来られている患者様の中にも『雨の日は頭が痛くなる』と言われる患者様がとても多いです!!

 

 

以前、堀院長がブログにもあげていた通り、頭痛にはいくつか種類がありますが、天気など気圧の変化を受けやすいのは片頭痛だといわれています。

 

 

では、なぜ雨が降ると頭痛が起こるのでしょうか?

それは、低気圧により脳の血管が拡張し、その拡張した血管が神経を圧迫することにより炎症を起こしたり痛みが出たりする原因となるからです。

 

片頭痛の特徴である、ズキズキ・ガンガンした痛み。

これは拍動に合わせて血管により神経が圧迫されて生じる痛みです。

 

そして、ジッとしていると良くなる理由は、動いている時は身体中にたくさんの血液を送る為に血管が拡張するのですが、安静時には逆に血管が収縮するからです。

 

また、片頭痛の原因としてストレスや疲労もあげられるのですが、これはストレスにより収縮していた血管が、緊張から解放された際に拡張され片頭痛を誘発させてしまうからです。

 

このように片頭痛の原因には血管の拡張が大きく関係しています💡

 

 

片頭痛の対処法は?

片頭痛になりそう、またはなってしまった時は、

◎こめかみ等痛む場所を冷やす

◎静かな場所で安静にする

カフェインが含まれる物を摂取する

 

上記はいずれも血管を収縮させる効果があり、痛みを軽減させることが出来るので、是非試してみて下さい!!

 

逆に、お風呂やマッサージ等身体を温める行為は、血管を拡張させてしまう為、痛みが出ている時は止めておきましょう⚠︎

 

 

片頭痛を予防するためには?

片頭痛の原因とされるストレスや肩こりをなくすことがとても大切です!

また、ストレスや肩こりをなくすことは片頭痛だけでなく緊張型頭痛の予防にも効果的です!!

なので、軽い運動やストレッチ、マッサージなどでセルフケアされることがオススメです(^^)

 

当院の患者様の中にも、以前から悩んでいた頭痛が当院に通いだしてなくなったと言われる方がたくさんいらっしゃいます!

 

この時期、急な気圧の変化は片頭痛だけでなく、自律神経の乱れを引き起こし、体内のホルモンバランスが崩れることによる様々な身体の不調を引き起こす原因ともなるので、しっかり身体の調子を歪みから整えてあげましょう(^^)/

 

普段から頭痛にお悩みの方、毎年梅雨になると身体の不調に悩まされるという方は是非一度当院へご相談ください♬

 

 

⚠︎ただし、片頭痛が出ているときはマッサージは厳禁なので、スタッフに一声お知らせ下さい!

八幡西区 やわらぎ整骨院

 

 

重心線とは?

2018年05月28日

こんにちは!

八幡西区にありますやわらぎ整骨院本城院の永山です

最近は暑くて、少し汗をかく事が増えてきましたね

水分補給は喉が渇いてからでは遅いのでその前に補給しておきましょう!

今日はまた何回か書いている姿勢についてです!

最近やわらぎ整骨院には姿勢を気にして来られる方が多いです。

姿勢と言っても人によって骨盤が気になったり、猫背が気になったり・・・

とありますが、猫背で悩んでる方が多い様です。

猫背は普段の姿勢からなるものであって急になるものではないですが

自分で気をつけてもなかなか治らないという方がおられます。

真っ直ぐしているつもりでも正しい姿勢ができてない人もいます

正しい姿勢とは?

人には重心線と呼ばれるものがありその部分を重心線が通過することがいい姿勢だと言われています。

指標となる体の場所は

・耳垂

・肩峰

・大転子

・膝蓋骨後面(膝の後ろ)

・外果

これが重心線の指標となります。

文字だけではイメージがつかない方は写真を見ると分かりやすいです。

この姿勢で立てていればOKです!

次に猫背はどんな姿勢で立っているのか

肩が内に入り、背中が丸くなってるのはもちろん首も正しい位置から前の方に倒れ

ストレートネック(スマホ首)になってしまってします。

こうなってしまうと首には20キロくらいの負担がかかり慢性的な首肩の痛みがでてしまいます。

骨盤も歪んでしまい後ろの方に倒れている方が多いです

後ろの方に倒れるとどうなるのか

お尻の筋肉とももの後ろの筋肉が縮まり硬くなりやすくなります。

硬くなると筋肉の伸びが悪くなる為怪我のリスクも高くなります。

猫背を改善するメリット

・疲れが残りにくくなる

正しい姿勢だと体の一部に負担をかけず分散するので疲れが残りにくい。

・見た目が良くなる

どうしても悪い姿勢だと印象も悪くなる様です。

など・・・

自分がどんな姿勢をしているのかのチェックの仕方

・壁に背を向けて立ちます

・この時に背中とお尻が同時に壁につけば正しい姿勢ですが 背中が先についたり、お尻が先につくと姿勢が崩れていることになります。

・それと壁と腰の間に手のひら一つ分の空間があればいいんですが 手が通らなかったり、手のひら2つ分入る人も姿勢が悪いです。

手が通る場合骨盤が前傾している場合が多く、後傾してると手のひら1つ分も通りにくくなります。

✳︎改善方法としては骨格を歪ませている硬くなった筋肉をほぐして柔くしていくことと、普 段からの姿勢を気にして、上の写真の重心線を普段から意識する事が大切です!

すぐに効果がでる方もいますが根気よく続けて良くなる方の方が多いです。

やわらぎ整骨院本城院も正しい姿勢を取り戻す為の根本改善プログラム というメニューもご用意しております!

詳しくは上のリンクから見ることができます!

 

 

子供の膝の痛み【オスグッド シュラッター病】

2018年05月22日

八幡西区にあります、

やわらぎ整骨院本城院 院長の堀です。

 

膝が痛い!

と言っているお子さんがおられる方は必ず最後まで目を通してください!

 

今回は子供特有の膝の痛み、オスグッドについてです。

スポーツ経験のある方は割と認知度のある疾患ではないでしょうか?

 

まずは痛みの場所から見ていきます。

 

脛骨粗面というお皿の下の少し出っ張っている箇所が痛みます。

 

ランニングや階段の昇降、ボールを蹴ったりジャンプ動作をするなど

大腿四頭筋を強く使う際に痛みを感じます。

症状が進行すると下の画像のように出っ張りが強くなってきます。

 

小学高学年から中学の発育期でスポーツをしている方が多くなります。

また男女比では男児に多いようです。

 

オスグッドになってしまうと、数日ですぐに治すというのは難しく

痛みが引いたり、また再発したりと繰り返してしまうのも特徴的です。

ですがどんな方でも、遅くとも

骨端成長軟骨板が骨化を完了する18歳頃には症状が消失します。

少し難しく言いましたが、簡単に言うと 成長期が過ぎ、

しっかりとした骨になるにつれ痛みが治まるということです。

 

オスグッドかどうか判断するのはそう難しくはありません。

 

痛みを抱えている方は一度チェックしてみてください。

まずは押して痛いか圧痛を確認します。

お皿の下から約指が二本分下の出っ張りを押して痛みを感じるか確認しましょう。

 

次は筋肉の抵抗運動です。

このチェックは二人で行ってください。

この図のように椅子に座り、膝を伸ばすように足を蹴り上げていきます。

この時もう一人は蹴り上げている足を上から押さえるように抵抗を加えます。

その際にお皿の下に痛みを感じるか確認します。

 

最後に柔軟性のチェックをします。

これも二人で行います。

このようにうつ伏せの状態で膝を曲げていきます。

このときお尻が浮かないように軽く押さえます。

かかとがお尻まで届くと問題ないのですが、

曲げている途中で突っ張る痛みが強いと 体の柔軟性がないと言えるでしょう。

 

オスグッドでは運動前の十分なウォーミングアップ、

運動後のストレッチやアイシングを確実に行いましょう。

 

また痛みの加減によっては運動を中止することも必要です。

無理に続けていても痛みが長引きます。

 

やわらぎ整骨院本城院でもオスグッドに悩んでいる子供も多く来られています。

 

適切な判断と、的確な治療で痛みを最小限に抑えていきます。

 

『このぐらいの痛みならすぐに治るだろう』

『成長痛だから今は仕方ないね』

と思わず、早めに対処しましょう!

 

オスグッドかな?と思っている方、お待ちしています!

 

 

 

 

 

急な暑さに

2018年05月18日

 

こんにちは!

八幡西区にあります、やわらぎ整骨院本城院の内川です。

 

 

GWも過ぎて、暑い日が続いていますね!

ここ数日一気に気温が高くなって、気温差ですでに夏バテ気味な私ですが、皆様は大丈夫でしょうか?

 

昔は今よりも春や秋などのちょうどいい時期が長く感じられていたように思うのですが、ここ数年は急に暑くなったり寒くなったりするので、体が気温の変化についていけず、準備が出来ないまま季節の変わり目を迎え、体調を崩す方が多いようです。

 

 

当院の患者様の中にも、

 

「なんとなく体がだるい」

 

「疲れやすい」

 

など、もちろんGW疲れもあるでしょうが、急に暑くなったせいで少し体に不調を感じ始めている方がいらっしゃいます。

 

 

前回の永山先生のブログにもあったように、GW明けから足がつるといわれる患者様が多いのですが、足がつるというのも暑さによる不調の一つです。

 

暑いとたくさん汗をかきますが、今までと同じ量の水分補給だと、体の中の水分が不足してしまい、電解質バランスが崩れ足がつったり、体がだるいなど不調の原因となります。

 

 

 

私は足がつったりすることはないですが、とても浮腫むことがあります。

20代前半のころは『足が浮腫むってよく聞くけど、どういうことだろう?』なんて思っていたのですが…(*_*)

 

 

人間の身体は大人の場合、約60%が水分で出来ています。

たかが水分、されど水分。

身体の機能を正常に保つためにも体内の水分バランスを保つことは大切です。

 

 

喉が渇いたなと感じるのはすでに体内の水分が不足している証拠!

喉が渇いたと思ってから水分を補給しても、体に吸収されるまでには時間がかかるので、喉が渇いてなくてもこまめに水分補給をしてくださいね(^^)

 

また、屋外でお仕事をされる方や、スポーツをされる方は経口補水液を飲んだり、塩飴を食べるのもオススメです!

 

当院にも入り口にウォーターサーバーを設置しているので、施術の前後には是非お水を飲まれてください!

 

 

 

 

やわらぎ整骨院本城院の根本改善プログラムは、保険診療と併用しての自費施術となっておりますので、体の痛みはもちろんその他様々な体の不調や悩みにも対応可能です!

 

これから梅雨の時期に入ると、頭痛や体の重だるさが気になってくる方もたくさんいらっしゃるので、今のうちからしっかりと調子を整えていきましょう(^_^)/

 

 

 

体がつる原因とは?

2018年05月15日

こんにちは!

八幡西区にあります

やわらぎ整骨院本城院の永山です。

 

皆さんGWはどこかに行かれたでしょうか?

遠出して長時間運転したりいつもより歩いたりなど 日頃しない事をして身体に痛みや不調は出ていないですか??

自分も休みの間は運転する事が多く、背中や腰が痛い時がありましたが セルフケアをする事でなんとか今は改善しています!

GW明けから整骨院に来てくださっている患者さんの中には 足がつると言われる方が多いです

 

 

足がつる原因とは?

筋肉疲労

筋肉を使いすぎた事による筋肉疲労によって起こります。

運動中や歩いてる時、長時間立っている事も足への負担が多く足がつる原因になります。

 

・水分・電解質のバランス

大量に汗をかくと汗と一緒にカルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウムなどの電解質が体から失われます。

その乱れが原因となりつる原因となります。

 

血行障害

体が冷えたり、加齢、運動不足などがその要因となり血行障害を起こしつる原因となります。

 

など…..

 

 

次につってしまったらどうしたらいいのか?

・筋肉を伸ばす

ふくらはぎがつってしまった場合は足の親指をもち手前に引っ張る様に反らせます。

つっている筋肉を伸ばすのはかなり痛みが出ますがジワジワと伸ばしていくと痛みが減っていくのが早いです。

 

・患部を温める

これは患部を温め血行を良くする効果があります。

 

水分と電解質を補給する

スポーツドリンクなど電解質、栄養素を含んだ物を補給しましょう!

 

 

✳︎つらない様にする為の予防法

・こまめな水分補給をする

先ほども言った様にこまめに水分をとりましょう!

大量に汗をかいた場合はスポーツドリンクがいいですが、その場にない場合はお茶でもいいのですぐ補給しましょう!

 

食事からもビタミン、ミネラルをとる

野菜、豆類、海藻 は必要な栄養を摂ることができおすすめです!

 

運動前のストレッチ

運動前にストレッチを行うことで血流が良くなり、つる事を防ぐ事ができます。

夜に足がつるという方は寝る前にもストレッチを行いましょう。

 

 

やわらぎ整骨院本城院でも体の不調などの相談を行なっております。

体のケアやつったり怪我をしにくい体づくりをしていくメニューもございますので是非一度ご来院下さい! 

 

 

 

交通事故治療の問い合わせが増えています

2018年05月12日

こんにちは(^ ^)

 

八幡西区にあります、やわらぎ整骨院本城院 院長の堀です。

 

あっという間にGWが終わり皆さんいかがお過ごしですか?

私はちょこっと旅行に行きリフレッシュさせてもらいました(^ ^)

 

この連休どこに行っても人が多かったのではないですか?

 

交通量が増え、あちこちで渋滞し、 そんな中、交通事故をしてしまった場面も何度か見ました。

 

ここ数日でやわらぎ整骨院本城院でも、交通事故治療の問い合わせも 増えてきています。

 

いくら自分が気をつけていても起こってしまうものですね。

 

私もまだ小さい頃に車に轢かれてしまい、

手術をして、2度も入院するという辛い経験をしています。

 

むちうちを初めとする交通事故の治療をしている立場でもあり

本当に人ごとではないなーと感じます。

 

やわらぎ整骨院本城院での交通事故治療の特徴を紹介します!

手技による治療を中心とします!

よく聞かれる声として、病院に行ってるけど

薬と湿布で様子をみましょうとしか言われない…

ちゃんと治したいのに電気治療ばっかり…

体の状態を把握するのには手技による治療が不可欠です!

柔らかい手技でどなたでも安心して受けられます!

 

交通事故治療専門の特別治療器を使います!

この電気治療も非常に重要です!

手技では届かない深い筋肉へアプローチしたり 細胞レベルで治癒促進が期待できます

ただし症状に対して適切に当てなければ意味がありません!

しっかり見極めて治療します!

 

自賠責保険適用で通院も安心

通常交通事故のお怪我では自賠責保険が適用されます。

一部例外もありますが、

基本的には自己負担0円で治療が行えます!

 

交通事故の患者様は21時まで延長受付

通常最終受付は20時までですが、

交通事故治療の患者様は21時まで延長受付いたします。

仕事終わりでも安心し通うことが可能です。

*事前連絡が必要となりますので、当日でも構いませんので連絡ください。

 

もっと詳しい交通事故の治療内容等をご覧になりたい方はこちらからどうぞ!

 

やわらぎ整骨院本城院 交通事故専門ページ

 

交通事故による後遺症0を目指して早期治療に取り組みましょう!

 

 

 

 

 

 


1 2 3 4 5